首が逝かれてますがわたしは元気だ

いつもお世話になっております。

ここへきて新しい境地に達しはじめましたわたし、どうもこんばんは元気です。

元気ですけどなんと首が痛くて仕事ができないという事情になったのでびっくりしてる。

気をつけていたけどうっかりPC作業が多くなってしまって首を犠牲にしていまって私は悲しい。

もっと仕事したいのにやる気はあるのにもう首が無理だって言っている、困っている、でも仕方がないからもう休もう。しっかり休もう。

(といいながらブログを書くのはわたしの欠かせない日常なので許してくださいお首さま)

今日は七草粥の日、無病息災、わたし元気絶好調すぎて引くぐらい。

か弱さは1ミリもありません。

今日税金で8万円飛んだのでつらいけどまだまだ支払いは待っているのでもう何が怖いのかもはやわからない。

やっぱり私が私のやりやすい仕事をさせてもらえるというラッキーは本当にありがたくてありがたくてこんな環境をどんどん見つけていきたいなぁ。と思う。

自分のやってきたことが1ミリも無駄じゃなくて、自分が集中できてる時間って本当に生産性が高くて、つまりは集中してできないことは非生産的だからやめたほうがいいよねって話。

ライター業は好きだけど好きじゃない仕事も受けているからストレスだしあと納期があるっていうのがわたしの最大のストレスで時間的ストレスが世界でいちばん(は嘘ですけど)きらいかもね。

あとつぎはビジョン的なものを作成すれば一旦わたしの仕事は落ち着く気がするので(ライターがんばれっ)、そこまで駆け抜けたいと思う。

しかし今月はお料理アシの方を優先的に取り組んでいこうと思う。

そう決めないとやっていけないの、罪悪感やプレッシャーで苦しむから、

今月は収入少なからろうけどもうそこは1ヶ月諦めます。

しかし怖いのはそのあと取り戻せるか(クライアントさんとの関係が切れちゃうおそろしさ)だよね。

ひっひふーーー、困ったら就活しよう。

何もしなくてもお給料が入ってくるって奇跡か、会社というシステムが一番信じられない。奇跡すぎる。

とにかく今後の事業展開を図解するところから始めます。さらば。