脳内トリップ

脳内トリップ

わたし授乳中はいつも携帯を見ているんですけども、たまに携帯を見れない状況にいるときは授乳をしながら脳内トリップをしていて完全に時間が抜け落ちていることがある。きょうはどうしてもブログを書いておきたかったのだがなかなか赤さんが寝付いてくれずに、まったくブログに手をつけられずにいる。泣いている原因をつきとめて解決していくプロセスは本当に一進一退で喜ばしくもあれば迷宮入もあり、まいにちが発見の連続であります。赤さんたちって本当に延々と泣くことができる特殊能力を持ち合わせた生物だから、根気勝負では1000%完敗であり、真正面からぶつかって解決をするしかないのである。わたしもねむい。

しかしどう考えても人間の赤ちゃんはサバイバル力に欠けているとおもう。唯一手にいれた能力は『泣くこと』のみであり、お口は乳を吸う能力を持っているけども完全に首がテロテロなので目の前にお乳があっても吸う角度まで自分で顔を動かすことができない。脆くて弱すぎる、これは本当に生物学的にもおもしろすぎる。人間が協力しあって生きていく生物であることが赤子に露骨に顕れている。

脳内のどこかに完全に没入しきっているときって、自分で思考をめぐらせているんじゃなくって、脳内が勝手にストーリーを創り出してとまらないとおもいませんか?もう先ほど、勝手に脳内ストーリーが進んじゃって、勝手に登場人物が決められて、勝手に奥深くまで未知が満ちていくかんじ(ダジャレだよ)、そしてハッと我に返って脳内に没入していたことを自覚したときの空白感というか時空超越モードみたいな虚無っぽい感覚がとっても爽快だったりする。え?いまわたしどこの世界線にいたの?的なやつ。はみがきしますね。

最近はじぶんの食べる量がじわりじわりと増えてきていてびっくりすることと、生クリームの摂取量が半端じゃないことが特徴的なまいにちを送っています。生クリームコップ1杯とか朝飯前だぜ。いま絶賛家の食糧を食べきろうキャンペーン実施中なんですけど、みごとに食べきってきていてあと2〜3日生活できるかな、って感じになっている、うれしい。家の食糧をすっからかんにしてから買い出しをするときの抵抗感のない潔い買い具合がだいすきなのである。次回スーパーにいくのが楽しみであるな。しかしこの2〜3日は侘しい食卓になるであろう。生クリームを泡立てよう。

 

おそらく保育園がアウトだったご様子なので、来月以降の働き方を模索中である。この「模索中」っていうのも自分で考えあぐねるというよりは、自分のコンディションを最大限良好に保つことでアンテナの感度を上げ、宇宙から舞い降りるサムシングを上手にキャッチすることを指しています。うわ〜んスピリチュアル。だってそんなもんですよ、人生って突然うごきだすんだ。じわじわ考えているだけでは何も進まなかったりするよね、わたしあるある。かんがえることがだいすきだけれども、大切なのは自分を最高のコンディションにしておくことなのよね。すこやかに、ほがらかに、ふんわり過ごしていることが最善なのです。そういう点ではいま最強に宇宙寄りになっているだなわたし。自然とともにいきて時空をわすれて生命の一瞬毎を味わいつくす生活。どうしよう、もう眠気が限界なので中途半端ですがこのへんでいったんおわります。