町で、かいものをするということ。

今までは、いつも24hスーパーで、すべて済ませていた。陳列している棚から、なんとなく良さそうなものを、手に取る。店を選ぶっていうことは、あんまりしてなかった。

そんな暮らしが嫌で、ちゃんと地域とつながりたい、自分の住む町の人と、つながりたいって思ってた。

引越しの買い出し中に、心動かされていろんな出会い。

◆八百屋さんでは

卵がカゴで売っていた。パックじゃない。カードでしか買い物をしてなかったので、レジまで行って現金がないことに気づく。


お姉さんにお願いして、お財布取ってくるまで待っててもらった。今までの私だったら、そんなお願いしない。黙って帰っていただろう。ずうずうしさは年々立派になる。


◆パン屋さんでは

パンの耳が50円。普通の食パンも買ったから、明日はサンドイッチを持って行こう。


◆コーヒー屋さんで写真は省略。初めてコーヒーを買った。どんな風に買うのか分かんなかったけど、そっけないめのお店の方が教えてくれて、最後はやさしかった。

いっこいっこが、嬉しくて、大切にしたいなぁと。


毎日を大切に生きたいから、
毎日しっかり働いて、
私も社会の役に立てるようになって、そうしてこの生活を続けていきたいなぁ。