死にそうなのではなく死んでいます

死にそうなのではなく死んでいます

電車に乗れば気持ち悪さと苦しさとみじめさで泣きそうになる。すぐにでも降りたい。ずっと泣きそうな精神。なにこれ。本当に今すぐに逃げ出したいのに踏ん張っている自分が貴すぎるし、もうそんなに頑張らなくていいと思う。明らかに頑張りすぎている。心身崩壊している。いろんなところに不調が出すぎていて、もう、いや。

どうかもう一切の連絡を取らなくていいようにどうにか今は頑張りたいがさすがにこのタイミングでこの状態は逃げ場がない。用意するにも限界がある。信じられない世界だ。とっくに限界は迎えている。最近はもうInstagramもろくに見ていない。世界に興味がわかない。誰に対しても興味がない。自分を労わることに精を出したい。1秒ごとに老けている感じがする。最悪な世界である。何も楽しめない。面白くもない。何故なら心底呆れかえっているからだ。一度壊れた心って簡単には戻らないし、一度抱いた恨みは簡単には晴れない。朝8時から夜8時まで全力失踪でそりゃあこんな風に人間生きる仕組みにまだ細胞レベルでは出来上がってないのだから心身への負担が増大であることは間違いがない。ハッキリ言うけど明らかに全てが遅すぎる。気づくのも動くのも遅すぎる。つまり、自業自得です。

今なぜ苦しいのかってそれは自分の行いが蓄積として溜まっていたからだよ。どうぞたんまりと味わってくださいませね。今ここでふんだんに心の吐露をご披露思し召て(意味ちがう)、私のこの極限の精神を克明に記録しておきた所存。最高かよ。この振り切れた針のままに綴る文章とか味がありすぎてグルタミン酸もイノシン酸もびっくりやで。

あーーーーーーーーん何故こんなにもこの限界突破海峡で最高な語彙力発揮してんねん、人間って疲れているとすごいパワーを発揮するんですよ、最高ですよねえええええええええええええええ。ここで引き継ぐことになった皆さんお気の毒すぎる。っていうか基本的に私の仕事は「私にしかできない仕事」ではなく「誰にでも再現性のある仕事」を作っていくのが我がポリシーなんですけど、やっぱりもともとのポテンシャルってなかなかに舐めちゃいけないって話だ。

まじで自分のパフォーマンスがすごすぎて、なんで労務管理して経理処理してサーバー設定して営業して包材開発してマネージメントしてんだよ、ざけんじゃねぇよ何人分働いてんだよってなります。もっと心安らかな美輪明宏になりたい。こんな鼻息フンフンしている風船みたに丸い私じゃちょっと窮屈だ。まだまだ人間を飽きさせちゃくれない、人生は奥深い。これが陣痛だなっていう痛みが最近わかるようになってきた。たまにグォングォン痛むときがあって、あコレだ!ってよくわかる。この痛み、うんうんよくわかる。

いつその日がくるかわからないけど、とても楽しみに、行きます。明日もお店に行くってなんでだろう、辛すぎるな、明日の自分が本当にお店にいける状態なのであろうか不明すぎる、明日はとても大事な病院があります。ちびたんの状態がわかる、わくわく!明日は基本的には休みですから、残りのやばーいやつをまとめる時間にしようと思います。はははっは、ぜーーーーんぜん笑えないさようなら