正直が、悪か、正か

今、いちおうお付合いしている(?)人との

向き合い方に悩んでいる。

とりあえず流れに任せ、、
ていたけど、やはり自分で判断、決定していくこともあり、

なんだかな〜。となっている。
好きか、と言われれば、分からないし、

会いたいか、と言われれば、今そんな会いたくないし、
(なんで付き合っているのか、と言われたら、なんとなくタイミングが、、とか、一緒にいるとすごく笑ってる時間が増えるから、、とか、自分を全部出せるから、、とか、ぜんぶ「じぶん」主体で、相手のことを一切思いやっていないのである。


こんなのを相手に、いろいろ振り回されて嫌だろうな、と思うけど、

お相手はそれを一応承知の上で付き合ってくれているらしいので、今はそれを信じている。)
いつ会いたくなるのかは自分でも分からないので、

「今」会いたくない、としか言えない。

一生会いたくないのか、と聞かれても、
明日の自分が何を考えるかなんて分からないので

「分からない」としか言えない。
自分の主観だけで考えると、完全に相手に失礼で、思いやりに欠けた態度だ、とも思うけど、
だったら会いたい気もないのに、

「なんか申し訳ないから」という理由で会うのか、と問われると、

すごく自分に嘘を付いているようで、相手に変に勘違いもされたくないので、正直に言って、判断を委ねたほうが、健全だ、という結論に至る。
(そこで嫌われても、しょうがないな、というかそりゃそうだろ、と思う。)

今はハッキリと、そう思えているけど、

この毎度抱える「申し訳ないな」という気持ちが、

その他の感情に勝ったら、もう終わりだと思う。
「申し訳ない」と思う気持ちは、自分じゃコントロールできなくて、「申し訳ない、なんて思わなくていいよ」と言われたところで、「申し訳ない」という想いは消えないのである。

私のそばにずっといてとも思わないし、私を大事にして、とも思わない。相手が幸せであれば、それでいい。
私のそばにいることにより、嫌な想いをするほうが多いなら、ぜひ離れてほしい。

幸せは私が与えられるものじゃないから、

そして「私が誰かを幸せにする」気なんて、さらさらない。

誰かを幸せするなんて発想、毛頭ないぜ。

幸せはじぶんで、気付くものだ。

人が与えられるものでもない。

彼がどこで幸せを見出すかは、彼次第なのだ。
私は、自分を大切にしてくれる人に対して、相手の思う通りの対応ができなくて、申し訳ないけど、でも相手の不幸や悲しみを望んでるわけではない。

自分に正直になるということは、悪なのか、正なのか。
今は正だと思って、進んでみる。

空気を読んで、期待された対応をするのは、一旦やめます。
私がこんな思考をしているのは、暇だから、なのです。