本質が露呈していく

本質が露呈していく

こんにちは、凄まじく、寝ております。本当に凄まじい勢いで寝ております。もう何時間寝たのかまったくわからないけど、途中でご飯を食べてまたすぐ寝る、というもう眠ることが仕事のように寝ております。

凄まじい眠気で意味を探しだそうとしたのだけど、まぁ想像通りでございます。そういうタイミングなのです。人生って面白いくらい波があるもので、「おいおい、どうした?」と思うくらい【静】の時間が訪れ、もうこれは流れに従い静にコツコツ生きよう、と思っていると「ありゃまぁ、おったまげ!」っていうくらい【動】の時間が訪れる。

【静】の時間は自分でも驚くくらいに、エネルギーも出ないし、眠るか、じっとするか、生活を淡々とするしかなくて。「こんなんで私だいじょうぶかなぁ・・なにかしなくちゃ」という気持ちが湧いてくるのを抑えて、「しっかり静かに過ごそう」と思っていると、まんまと【動】の時間が訪れる。【動】の時間は自分でも驚くくらいに、寝なくても平気、全方位にエネルギーが出る、元気、元気、パワフル!の時間がつづく。

アドレナリンの放出が止まらなくて、それはそれはエネルギッシュに駆け抜けることができる。だけどそれって意図してやることは本当にできなくて、エネルギーの流れのままに過ごしていると自ずとやってくる流れなのだと思う。

ということで、今は自分の眠気に抗わず、とにかくとにかく眠りまくる。限界まで眠る。(といってもさすがに生活に支障が出ると思ったので目覚ましかけて起きて仕事しました。)

私はもともと眠ること自体が苦手なので、長時間睡眠なんて苦痛でしかなくて、ずっとショートスリーパーだと思い込んできたんですけど、体のバランスが整った20代の後半から少しずつ人並みに眠れるようになって、今は自分の体と上手に睡眠時間と付き合っていけていると思う。

だからこのように心底睡眠を欲して、思うがままに眠れることがとても愛おしいというか、尊いです。

で、そんなときに集める(集まる?)情報が本当にどんぴしゃ、これか!といった感じで、情報収集力(情報が集まってくる力)に感謝をします。情報は、自分が集める、というよりも「自分に集まってくる」という方がしっくりくるきがして、なんていうか意外と受身な行為なのかもしれないな。

ちょっとご飯を食べました。今日もお米に感謝。ちょっと炊き方失敗しちゃったけど。

今、この時に「コロナ前の状況がよかったのか?」と疑問を呈している記事を読んで、いやはや本当にその通りだな、と思った。本当に世界的に歴史的に今立ち返らなくちゃいけないことがたくさんあるんだ。そしてそこを見て見ぬふりをするか、しっかりと向き合うかでそれぞれの本質が露呈していく。「みんなと違うことをする」これが一つの解決策のようです。今自分がずっとやりたかったこと、わくわくするもの、夢中になれる時間を構築していくことが大切に思う。そして私はここへきて初めて「ビニールのゴミを減らす」という意識が突然に芽生えた。洗って使えるラップを探してみよう。何でも洗って使うことを覚え始めた31歳です。

私がこれほどまでにエネルギーを溜め込む期間ということは、これからまた物凄い爆発がスタートすることが確実です。本当に確実です。さてそれがどんな形かな。自分で人生をつくっていく。今日は、どうかとことん眠りましょう。一切動かず、ご飯をいただいて眠る、しかし人間はそもそも労働を欲する生き物だから、次の労働欲を楽しみに眠ります。