如実なわたしと、にょじつの意味。

如実なわたしと、にょじつの意味。

にょじつって何だよ?あ?ってなりますよね。にょじつです、どうもにょじつです、にょじつって言いたいだけです。おはようございます。にょじつって単語なのか形容詞なのか副詞なのか動詞なのか、いまいち掴みきれてないんだけど、とりあえずにょじつってことばを使いたいだけかもしれない。たとえにょじつを間違って使ったところで、それを正確に指摘できる人ってほとんどいなそうだからさ、好きに使っちまえよ、な気分です。マリエです。

merry
marie

どうでもいいけど「吹き出し」っていう機能があるよ。

まじでいらないよね。わかる。

いま、ふたたび超絶じぶんと向き合う月間なんだけど、えっとまずは心屋さんのブログかな

★「お金が無い」問題だけは解決しません。

お金を「じぶんに使ってあげること」について。おもしろいから読んでみてね。

 

そして、いつも通り坂爪さんのいばや通信

時間なんてない。あるのは記憶だけだ。 – いばや通信

うん、わたしが最近よく言っている「時空を疑おうぜ!」と共鳴しすぎてもう最高でした。「時間」なんて本当はないんじゃないか。わたしはいつもいつも、そういうことを、考えている。これがわたしの足枷(あしかせ)にもなれば、梯(はしご)にもなる。わたしは最近文字を書くことが楽しくなくて、なんだか、また違う境地に来ている。じぶんの日頃の思いを表出するのではなく、仮説やものがたりを突き詰めたいのかもしれない。最近外にでるのがすごく辛くて、こもりっきりになっている。GWもとことん篭ったのに、さらにこもるのかよ、変わんねーなわたし、です。だけどその篭っている時間のなかに、何度も何度も大切なことを思い出す瞬間がある。あ、そうか、わたしは「あたらしい何かを発見している」のではなく、まいどまいど「たいせつな何かを思い出している」のだと思った。心を突き動かされる経験のなかに、真あたらしいものはない、とわたしは思う。自分の内々から、ゾクゾクと湧き出てくるものだと思う。「あ〜〜〜この感情知りたかったんだ〜〜〜〜」ではなく、「うぉ〜〜〜〜自分のなかからこの感情でてきちゃったじゃんか〜〜〜〜」というニュアンスなのである。伝わりますか。けっきょく人生における根幹はじぶんの内側にあるのである。それを見失いやすい昨今なのである。立ち止まって考えても、進まなくても、いいのに、人は進もうとする。ときどきそれが。怖くなる。本当にじぶんを愛せるようになるにはわたしもまだまだではあるが、近いところまで来ていると思う。昨日より今日のじぶんが好きだし、今日より明日のじぶんが好きだろう、きっと。

毎日2ミリずつくらい、このブログサイトが形になってきていると思います。どうにかHome画面もましにしたいなぁ。最近のマリエちゃんは、1割:家事、2割:ドラァグレースと読書、1割:食事、1割:無、5割睡眠、って感じで過ごしています。よく寝ています。これを続けたい。心と時間に余裕をもちたい。ここで「時間ってあるのかな」問題にぶつかります。通常であれば「ハァ?」ってお思いかもしれませんが、わたしはこの「時間」っていうものが、うーん、エネルギー変換している可能性とか、考えちゃいます。やだ、お腹が空いてきたから、思考が停止してきました。いったんごはんを食べに、帰ります。