わたしの見る目をしんじる。

たぶん彼は、黒だ。

アプリでお会いした方がいまして、とても好意を寄せてくださっていて


それはまあ確かにうれしいっちゃうれしいんですが、


両手を挙げてよろこべないのです。

なぜなら、なにか、あやしさを感じる。

これはもう、どうにも説明ができない。


相手に「不謹慎だ」と思われるなら、それはそれまで。

感じてしまうものは仕方がないんです。

それくらい、あやしい。

かっこよすぎる、大人すぎる、やさしすぎる、

言葉選びが極まってる完璧すぎるんです。

どう考えても、たぶん、100人中100人が認めるんじゃないかくらい、いろいろそろいすぎ。

まちがいないでしょう、たぶんこんな人、残っているわけない

いくらでも、いくらでもその辺のひとを捕まえられるし、どうにでもできるわ。

わたくし、この直感、しんじてみようと思います。


最初から感じた違和感、たぶん、こんないい人この世に存在しないと思います。(←わたしがひねくれているということではなく、慎重だとご理解いただければ)

もし本当にこんなお方が存在してたら、ジャンピング土下座しますね。

たぶん結婚してて、単身赴任で東京に来ていて、

独身のふりをしているんじゃないかと。


それくらい怪しいんだっっ。

きっとこうやって独身女子はだまされていくのですね。

ふふふ、あたしって、なんと妄想力のゆたかなのでしょう。
また何かありましたらご報告しやす

コメントを残す