とりとめなし男くん、せきららにVer.

とりとめなし男くん、せきららにVer.

こんにちは、久しぶりにとりとめのない戯言を発信していきます。よろしくお願いします。内容はありません。よろしくお願いします。最近、だいたいお昼を過ぎると眠くなってしまうので、お昼寝をしてしまい、ヨダレまみれで起きて、午後ほんの少し作業をして、そして夜を迎えて朝を迎えることを繰り返しています(あたりまえ)。近頃とってもすごいに出会ったから、また改めてレビューする。ちょっとヤバい本だわコレ、ある意味危険だ。どうかいつまでも出版され続けますように。この本が、少しでも必要な人にきちんと届きますように。なお、この本を読破することが、今いちばんわたしのお仕事だと思っている。なので引き続き読みます。読んだらレビューしていきます。

わたくしの現在の願望を述べますと、家にWi-fiを通したい、iPhoneを次のやつにしたい、iPadproなるものがほしい、というか新しいPCでもいい(いつ今のパソ子が壊れるかわからにゃい)、時計がほしい、中学校のときから使ってる100均のチークを卒業したい、以上です。すべてカネで解決できることやん。稼ぎます。稼げる方法を考えます。労働って「イヤなことをやる」ではないのだとほんのり気づいています。今までは巷でよくいう『我慢代』が仕事だっていう認識が、少なからずわたしにもあった。「仕事だから我慢しなきゃ」「やりたくないこともやらなきゃ」。我慢をし、やりたくないことをやって、それで成長できる側面も大いにある。だけど、それ以上に「自分のできることを伸ばす」という作業が非常に大切ではないかと感じる昨今です。

あまりにも体重が爆発ボンバーしてますので、絶賛自炊に励んでいます。野菜とたんぱく質をメインで摂る。しかし、わたしの身体には炭水化物メインの食事の方が合っているような感じがしている。ここまで多種の食物をわたしの身体は消化しきれなくて、ただの負担になっているような気もする。もう少し人体実験を続けていきます。今週はすごく栄養満点な食事を摂れたので、来週は質素系の食事で攻めてみようかなぁ。玄米ご飯とお味噌汁、みたいな感じ。たんぱく質ってそんなにいるのかな?わたしにとっては負担多めだ。ほらね、ドウデモイイ戯言が延々とでてくるでしょ。それが今回の目的なのでいいんです。明日は朝から婦人科にいって卵子の状態を確認、7月になったら子宮がん検診と、年金免除の手続きをしにいく。そして明日の病院が終わり次第、2件のケータリングヘルプいってくる。そして泊まりで翌日はフードイベントに参加。なんだかわたしにとってひさしぶりの忙しみなスケジュールだよ。どうかホルモンバランス崩れないように生きたい。弱小かよ、オイ。しかし、わたしは数十年間にわたり『自分を追い込む』ことを良しとしていた。自分が傷つき、辛い思いをすることが自分の財産になるような、そんなドM人生を歩んでいた。そして30歳前後にそのようなマインドからの脱却を図りはじめる。脱ドM、いやしかし悲劇のヒロインぶりたかったんだろうか。うーん、しかしさまざまな困難を乗り越えた人のほうが味ある人生になるよね、そして深みが増していい発想や人への理解が増すなど、苦労(と呼ぶのが正しいのか?)があるからこそ得られる能力がある気もする。あながち間違っていなかったのかな。そもそも楽しく困難やってたし、大変なことを快感だと思って燃えていたわけで、それはあくまで主観だからええこっちゃ。一般的な苦労と、本人の認識する苦労はちがうのよって話し。つまり何が言いたいかというと、みんないやじゃないことで仕事ができたらいいよねぇ〜わかるぅ〜。恋愛をしたいという気持ちが1ミリもわたしに生まれないという現状、ふしぎ。もっと人間らしく、というのか動物らしく、というのか生きてもいい気がするけど、こうやってわたしは自分の欲求を自分で気づくこともできず、それを無自覚に閉じ込めてフラストレーションを溜め、いつか爆発しちゃったりするんだろうか。はい、これは三十路の原点だよ。三十路の原点っていう本書こうかな。完全に自己満足だよ。三十路の原点書き終わったら人生終了してもいいよね。あかんあかん、二十歳の原点に完全に影響を受けすぎている。いや、しかしそれぐらい打撃すごい本なんだよ、本当に。人類破滅しちゃうよ。これを書いているわたしは酔ってないからね?手元にあるのは爽健美茶です。この文字の羅列をみてきっとほとんどの人は引くのだろうな。わたしはそんな中で自分を曲げずに生きていくことができるんだろうか。いやしかし、隠そうと思ってもはみでちゃうものだから、全力で出していこうと思います。それでは、ごきげんよう。