おひさ、年の瀬ッ

おひさ、年の瀬ッ

はろーちょっとPCがお逝きになられてるのでスマホより打ってますがPCで打ちたい気分だったな、おはよう。あいかわらずとてもしあわせな毎日で年末を迎えています。あと4日で今年が終わる。なんていう最高な一年だっただろう?

さいきんはやっぱりこのエネルギーをどう使うか問題だな。わたしのパフォーマンスをどこで発揮するかきちんと精査したい。全方位的に向きがちだけど、それはわたしの課題点。なんでも自分でやるのがすきだけど、自分の集中しどころを抑えてその他は人の手を借りる方がずっと世界平和になるんだってやっとわかったの。わかったけどまだまだ身についていない。上手に精査していきたい。いきます。

お子ちゃんがぐずりんちょなときは外を徘徊するようにしていると自然に各スーパーなどを訪れまして、その結果わたし1人しか食べやんのにたくさんの食料を買い込んでいて果たしてたべきることができるのか!?だけど、スーパーにいるときの自分は「たのしい!買いたい!買いたいものは買うのよ!」みたいな自分へのお許しがくだるのでアドレナリン出しまくって多幸感に包まれて買うのよね。

家に帰ってきてたべるのに必死になる矛盾。どちらも楽しめるように私の胃の容量を増やしておかなければならない。さまざまなことを書き連ねたいのだけど、起きているとお腹が空いてきちゃうから困るなぁ。明日はあわよくば新宿にいこうかな、悩むな。あ。お仕事で必要な外出となります。ちびさまと新宿には行ったことがないからこわいな。でも行けるときにいかなきゃだしな〜

==============

ということで、日にちまたいでPC入力の日だよ、おはこんばんちは。今日はきちんと文字を連ねよう。今日は急遽予定が変わったことによって逆にぎゅっと詰め込んだ1日になったな、、あっという間に時間が経ってしまった、もう夜だよ。

さいきんチビさまは7時間寝てくださるようになってワンダフォーフォンドボー(ちがう どんどん成長していく日々の進歩に毎日感極まっている(異常

どんどん表情も、出せる声も、スタイルもサイズ感も変わってきて、毎日毎日変化していて飽きることがない。しかし今日はお仕事やりながら子守がさすがにたいへん〜〜〜ってなった瞬間があった、どうにかおもちゃで遊んでくれと願ったがそんなわけにはいなかった(当たり前

 

私の持ってる電動歯ブラシがびっくりするくらい磨き残しがあって逆に普通の歯ブラシで磨いたほうがキレイになるんですけど、今普通の歯磨き切らしていてふがいない状況ここトーキョーいえあ

寒いのに半袖着ている自分も不思議だが世の中って不思議なことがあるからたのしいんだよねそうだよね。そろそろPCを脱却してiPadさまを活用しようかなって思っているよ、ふふふ

この一年を振り返ろうと思ったのにまったくどうでもいいことばかり書いてしまうね、そんなもんだよねわかる。今日は結構私なりに頑張った1日だった。せいろ蒸しのたのしさを知ってしまってもう戻れないと思う。毎日ひたすら何かを蒸しつづけるのではないでしょうか。いずれバナナとか蒸すかも。

明日はきちんと朝起きまして、ゴゴゴゴーーーーーーーッとお掃除をして、玄関掃除までがんばりたい。そのあとはおでかけをして、お昼には戻ってきたい。あああんたのしみであります、2020年最後の日。2020年を振り返ると、そりゃあもう幸せしかないしな、あと価値観もパッカリ割れちゃったなって思うし、本当に自分にとってストレスなものは秒で離れるようになったのでいろんなものが洗練されました。そしてそして、、、今まで描いていた人生みたいなものを、またガラガラと崩し始めて自分が進む道を構築しなおしたりしている。無自覚って恐ろしいよね、自分の常識を疑わないでいればずっとその世界で何の疑問もためらいもなく生きていくの。それもそれで幸せなんだけど、そうか私ってそっちに進むんだなっていうのがハッキリ見えてしまったから、これからはガラッとまた人生が方向転換して進んでいくんだなって思う。ずっとなかなか入ってこなかったしいたけ占い2021をそろそろ読みましょうかね。

人とのコミュニケーションで「共通言語」が一緒の人とはすぐに打ち解けられるし、一緒じゃない人ともそれぞれの言語を理解していく過程をきちんと踏むのはきらいじゃない。共通言語ができていないのにスピード持ってコミュニケーション取ってくる人はもう無理だなっておもう(諦めがはやい

これは私にとって本を読むのもそうで、本って筆者によって言葉の使い方がまったく違うからたとえば「まさに」とか「じつは」とかたった一語でさえ、人によってはネガティブな表現に使う派とポジティブに使う派など分かれていたりするから(これはあくまで例えだよ)、だから難しい本を読むときこそまずは頭を使わずにただ目で追うだけの一度読みをする。そうするとその筆者の言葉の特徴がなんとなくわかってくるから、次から多少頭を使って2度読みをする。そしてさらに深く理解したくて3度読みをする、みたいにやっていたなあの頃(いつだ

あの、もう「がんばる」って死語にしませんか、「がんばる」ってなんかむしろ「無理をしている」の言い換えでしかなくないか?「がんばって」は「無理しなさい!」の言い換えではないのか?頑張るってなんでこんなポジティブな使い方をされているのだ?謎深き。人って何かに夢中になってハイパフォーマンス発揮してるときって一ミリもがんばってないのよね、いやその頑張りの定義が異なるのか。私にとって「がんばる」って「何かを無理してる」っていうニュアンスから抜けられない。たとえばクッキー作りがたのしくて一生懸命つくっているときに「がんばって!」とかいわれても「は?」だし、ギターの練習がたのしくて8時間弾いているときに「がんばって!」とかいわれても「へ?」でしかなくて、がんばるってなんか苦悩が伴っているような気がしてまったく合点がいかないんだよな。

やだもう突然眠くなってしまった。おそらく今年最後の更新となるだろう。それではみなさまおはこんばんちは

コメントを残す