いやまさかの神と豚の降臨



d0345624_18480143.jpg

おいおいおいおいまさかの展開きましたよ、

こんなに涙で枕を濡らしまくって、散々泣いて、歌っては泣いて、

マクドナルドで大塚愛のCherishを聞いて震え、

「この胸の痛みはサムシング…!!」的な思いを抱え、

人にさみしさをぶつけまくって、たくさん内省して…

キタヨキタヨ、一瞬で新しい境地ww

私が影響を受けた本や媒体はまた後ほど細かく説明するとして、とにかくこの想いを残さねばと想いキーボードを熱いパッションで打ちまくっております、まりえちゃんです。


私さ、いやもうたくさん内省してよかった。

今まで自分が持ってたもの、いろいろ納得したよ。

なんで、興味ないひとほど私をおっかけてくるんだろう?(それも死に物狂いで)
物好きなひとがいるもんだな、私はそういうひとを寄せ付けてしまうんだ、って思ってた。
いや、なんだか違うらしい。

「好かれようとする」ほどひとは離れていくらしい。

それは偏に「自分に自信がないから」だ。
相手に対して、「こんな私じゃ…サムシング!!」みたいなサムシングを抱え、もっと理想的な、もっとかっこよい、もっと好かれそうなひとになろうっつって、完全に私の個性を押し殺していたw

そしてまぁ見事綺麗に相手は過ぎ去ったのでしたwさようなら。

そんでさ、もちろん自分を反省したわけよ。

なにを反省したかですって?そう、

「私は私のまま愛される自信を失っていた」

ことにですよ。


まさにこれ、本当にこれ。

それまで溺愛された経験は、ぜんぶ「わたしが私ペースでわたしの自由につきあってた」もちろんこれは相手にとっては、迷惑極まりないことなのかもしれないね。

だから、好きなひとの前ではそんな私は出さなかった。というか、出せなかったんだよ、「そんな私じゃ好かれるわけない」って。


でもね、いや、これはこれからやってみて実験してみるしかないんだけど、溺愛されて逃げまくってたときは、

「いや私、たくさんのひとに愛されてるんで、私ばっか大切にしないでもっと周りの人類たちを愛せよ」

くらい思ってたw
そして「私のことを好きにならないひとと付き合いたい」くらいの傲慢なことを言っていたww

でも、その時のほうが恋愛はうまくいくんだよ。なぜかね、思い通りになるの。愛されて仕方ない、でもそれがその当時の私はうざかったし、「もっと魅力的なひとと出会いたい!」って思ってた。

でもいざ魅力的なひとを前にすると、出る出る「私じゃ愛されない」節が。

そして自分を押し殺してろくな恋愛ができずに終わるというw

おうおうおう、まあ気付いてよかったじゃないか。

29歳、まあ諦めるのはまだ早いよ。

誰かを愛するって感情をやっと知ることができた私は、次は「そのままの自分」であって愛し愛されるパートナーを見つけることですね。

そしてだなw

なんと、あんなにどの歌でも泣いていたこの私、

今 花花の「さよなら大好きなひと」(もう嗚咽が出て泣きすぎて歌えなかった)を歌おうとしてもだな、

一ミリも涙がでないのだよwww

まさかのまさかだよwww
人間の心って不思議だ!うそでしょ?え、もっと恋い焦がれてたよね?好きって思って、もう二度と出会えないかも、はああん苦しい胸がつぶれるぅぅぅぅ!!!
って思っていた私よ、今むしろこれからの未来にわくわくし始めてるぞwww

んんーーーーーー、わかっていたけど、私って単純♡

しかしまぁ、なんとハッピー野郎なんだ。ありがとう SNS、いろんな本を残してくれたひとたち、ブロガーのみなさん。

インターネットが普及している時代でよかった。
ゴーイングマイウェイを相変わらず進めていこう。

私やっぱりひとりでも楽しいなww

あ、いや訂正、もちろんパートナーは探そう♡よきパートナーを♡